鬼怒川ゴム、業績見通しを上方修正

自動車 ビジネス 企業動向

鬼怒川ゴム工業は、2008年9月中間期の連結決算業績見通しを上方修正した。売上高は330億円を予想していたが350億円に、営業利益は150億円から250億円となる見通し。

主要得意先の生産台数増加で受注が当初見通しを上回るのに加え、北米子会社の黒字化やグループ上げての合理化効果で収益も拡大する見通しから。

経常利益は15億円から25億円、中間期純利益は7億円から14億円にそれぞれ上方修正した。

通期業績見通しは、原材料価格や米国経済など、不確定要素があるため、前回発表したものを据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集