マッサ、悪夢を振り返る…ハンガリーGP

ハンガリーGP(3日決勝)、10ポイント獲得目前でエンジンブローに泣いたフェラーリのフェリペ・マッサがレースを振り返った。「結局、あの日は僕の日ではなかったんだよ。エンジンが壊れたとき、なんか不思議な気分だった」。

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
マッサ、悪夢を振り返る…ハンガリーGP
  • マッサ、悪夢を振り返る…ハンガリーGP
  • マッサ、悪夢を振り返る…ハンガリーGP
  • マッサ、悪夢を振り返る…ハンガリーGP
ハンガリーGP(3日決勝)、10ポイント獲得目前でエンジンブローに泣いたフェラーリのフェリペ・マッサがレースを振り返った。「結局、あの日は僕の日ではなかったんだよ。エンジンが壊れたとき、なんか不思議な気分だった」。

「まるで悪夢を見ているみたいで、目を覚ましたくても覚ませない。だって実際に起きているんだから! とにかく、あの出来事には信じられないほどの落胆を感じた。このスポーツは時に冷徹きわまりないことをしてくれるよね」

幸い、タイトル争い最大のライバルであるマクラーレンのルイス・ハミルトンもこの日パンクで表彰台を逃した。

「少なくともまだ冷静にランキングを見ることができているよ。ルイスも勝っていないからね。でもこういうふうにポイントをどぶに捨てるような真似は繰り返せない。ハンガリーGPでは速さを見せることができたが、信頼性は不足している。このようなミスを繰り返してはならないし、これ以上言い訳はできない」とマッサは後半の巻き返しに気を引き締めていた。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集