落雷で停電の交差点、ひき逃げ死亡

4日、山梨県南アルプス市内で、道路を横断していた女性が進行してきたクルマにひき逃げされて死亡する事件が起きた。当時は落雷の影響で山梨県内の広い範囲が停電しており、現場の信号や街路灯も使えない状態となっていた。

自動車 社会 社会
4日、山梨県南アルプス市内で、道路を横断していた女性が進行してきたクルマにひき逃げされて死亡する事件が起きた。当時は落雷の影響で山梨県内の広い範囲が停電しており、現場の信号や街路灯も使えない状態となっていた。

山梨県警・南アルプス署によると、事故が起きたのは4日の午後7時10分ごろ。南アルプス市古市場付近の市道で、道路を横断しようとしていた65歳の女性が進行してきたクルマにはねられた。

女性は近くの病院に収容されたが、出血性ショックなどが原因でまもなく死亡。女性をはねたクルマは現場から逃走しており、警察では死亡ひき逃げ事件として捜査を開始している。

現場は信号機もあり、通常ならば見通しの良い交差点。しかし、事故当時は落雷の影響により、山梨県のほぼ全域で広範囲に停電しており、現場の交差点も信号機や街路灯が消えた状態となっていた。警察では現場から逃走したクルマの行方を追っている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集