覗き男、現場に乗りつけたクルマを「盗まれた」

福岡県警は2日、女子大学生の住む部屋を覗いたとして、31歳の男を住居侵入容疑で逮捕した。現場にクルマを放置して逃走したが、後に「クルマが盗まれた」と申告。これが基になって逮捕されたという。

自動車 社会 社会
福岡県警は2日、女子大学生の住む部屋を覗いたとして、31歳の男を住居侵入容疑で逮捕した。現場にクルマを放置して逃走したが、後に「クルマが盗まれた」と申告。これが基になって逮捕されたという。

福岡県警・筑紫野署によると、逮捕された男は2日の午前1時15分ごろ、筑紫野市内にあるアパート敷地内に侵入。このアパートの1階に住む20歳の女子大生の部屋を覗いた疑いがもたれている。

男は発見され、その場から逃走したが、現場まで乗ってきたとみられる乗用車が放置されていた。警察ではこのクルマを容疑者が使ったものと断定して押収したが、このクルマの所有者を名乗る31歳の男から「クルマが盗まれた」という通報が後に寄せられた。

警察では男を呼び出し、任意で事情を聞いたところ、覗きの容疑についても大筋で認めたことから、同日午後までに逮捕した。調べに対しては「クルマが盗まれたことにすればごまかせると思った」などと供述しているようだ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集