首都高、通行止の解除は4日以降の見込み…タンクローリー炎上事故

自動車 社会 行政

首都高速道路では、3日午前5時52分頃発生した、5号池袋線(下り)板橋JCT - 熊野町JCT間においてタンクローリーが横転炎上した事故に伴い、通行止及び入口閉鎖をおこなっている。

現在、通行止めを行い、タンクローリー内に残るガソリン等の撤去作業などの消防活動を実施しており、当分の間作業が継続される。

道路の復旧については、4日に消防の現場検証を行い、その後、損傷度合いの調査、補修工事を行うことになるので、通行止めの解除は、4日以降になる見込みとしている。

現在、以下の区間が通行止めになっている。

●5号池袋線(上り)板橋JCT - 熊野町JCT
●5号池袋線(下り)東池袋 - 板橋JCT
●中央環状線(内回り)板橋JCT
●中央環状線(外回り)西新宿JCT - 板橋JCT

入口閉鎖
●5号池袋線:東池袋(上)、板橋本町(上)、中台(上)、高島平(上)、一ツ橋(下)、飯田橋(下)、東池袋(下)、高松(下)、戸田南(下)
●中央環状線:滝野川(内)、中野長者橋(外)
《》

編集部おすすめのニュース

特集