ゼンリンの第1四半期決算…営業損益は赤字に転落

自動車 ビジネス 企業動向

ゼンリンが発表した2008年4 - 6月期(第1四半期)の連結決算は、売上高が前年同期比3.2%減の106億5000万円と減収となった。営業損益は6億0200万円の赤字に転落した。

カーナビゲーション用データの売上や、データ配信売上は堅調に推移したが、住宅地図帳の売上減少をカバーできなかった。損益では、海外カーナビゲーション用の新規コンテンツにかかる先行費用や、データ配信サービスにかかる営業費用などが増加した結果、

経常赤字も5億2500万円、当期赤字が3億9200万円となった。

通期業績見通しは前回発表したものを据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集