仮眠中のタクシー運転手を襲撃

7月30日未明、福岡県福岡市博多区内の市道で、路上駐車したタクシーの車内で仮眠していた56歳の男性運転手が、刃物を持った2人組の若い男に脅され、売上金などを奪われる事件が起きた。警察では強盗事件として捜査を開始している。

自動車 社会 社会
7月30日未明、福岡県福岡市博多区内の市道で、路上駐車したタクシーの車内で仮眠していた56歳の男性運転手が、刃物を持った2人組の若い男に脅され、売上金などを奪われる事件が起きた。警察では強盗事件として捜査を開始している。

福岡県警・博多署によると、事件が起きたのは7月30日の午前3時45分ごろ。福岡市博多区博多駅東2丁目付近の市道で、56歳の男性がタクシーを路上に駐車し、仮眠を取っていたところ、2人組の男が接近。窓をノックして男性を起こした。

男性が客と思い、窓を開けて応じようとしたところ、男たちは刃物を突きつけて「カネを出せ」と脅した。男性が売上金など約1万2000円を差し出すと、2人はそれを奪い、バイクに2人乗りして逃走したという。男性にケガはなかった。

警察では強盗事件として捜査を開始。逃げた2人組の行方を追っている。2人はいずれも20歳代前半とみられ、白っぽい色のシャツを着用していたという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集