パリ自転車シェアリング1周年---1日1500台修理回収

自動車 社会 行政
パリ自転車シェアリング1周年---1日1500台修理回収
  • パリ自転車シェアリング1周年---1日1500台修理回収
  • パリ自転車シェアリング1周年---1日1500台修理回収
  • パリ自転車シェアリング1周年---1日1500台修理回収
  • パリ自転車シェアリング1周年---1日1500台修理回収
  • パリ自転車シェアリング1周年---1日1500台修理回収
仏パリ市の自転車シェアリング・システム『ヴェリブ』が1周年を迎えた。ヴェリブは2007年7月15日、パリ市が正式にサービスを開始。実際の運営・管理はフランスの大手広告代理店JCドゥコーが担当している。

現在市内1200のステーションに、1万6000台のヴェリブ専用自転車が配備されている。1年間の利用登録は19万8913万件に達した。1日あたりの利用者数は11万 - 12万件にのぼり、平均利用時間は18分。利用目的は、通勤・通学が39%、観光や散策が33%、運動が24%となっている。

ヴェリブの利用時間は出発地ステーションのロックを外して自転車を利用し始めたときから、到着地のステーションに返却したときまでで計算される。30分未満は無料。30分後から1ユーロ。1時間後から2ユーロ。1時間半以後は30分ごとに4ユーロに設定されている。支払いおよび、返却しない場合の保証金引き落としのため、クレジットカードが必要。手続きはステーションに設置された自動機で行なう。

ヴェリブ乗車中の交通事故は29件発生し、3名が死亡した。そのため現在一部道路で供用が開始されている自転車専用レーンの、さらなる拡充が進められている。

またすでに3000台のヴェリプが盗難に遭い、1日1500台の要修理車両が専用トラックでセンターに回収され補修を受けている。普及の陰には、こうしたまめな管理が存在することも事実である。

パリの成功を受けて、イタリアのミラノ市でも同様の自転車シェアリングの導入が検討されている。しかし運営・管理する広告代理店の入札段階で広告スペースの面積をめぐって行き違いが生じ、交渉は難航している。
《大矢アキオ》

編集部おすすめのニュース

  • パナソニック、回生充電する電動自転車を発売…航続182km 画像 パナソニック、回生充電する電動自転車を発売…航続182km
  • 神戸製鋼所、チタン溶接管がパナソニックの電動自転車に採用 画像 神戸製鋼所、チタン溶接管がパナソニックの電動自転車に採用
  • ブリヂストン 自転車 アンジェリーノ、チャイルドシートを全面改良 画像 ブリヂストン 自転車 アンジェリーノ、チャイルドシートを全面改良
  • カーシェアリング事業でカーボンオフセット…オリックス 画像 カーシェアリング事業でカーボンオフセット…オリックス

おすすめのニュース