日本旅行、カーボンオフセット旅行の取扱いを開始

エコカー 燃費

日本旅行は、カーボンオフセットプロバイダのジーコンシャスと契約し、旅行で出る二酸化炭素(CO2)を公的な排出枠購入で相殺する「カーボンオフセット旅行」の取組を開始すると発表した。

カーボンオフセット旅行は、旅行行程の運輸機関利用によって排出されるCO2量を算出し、オフセットする量を顧客が選択して、その料金を支払う。

顧客が支払ったオフセット料金を「カーボンオフセットサービス」の委託先であるジーコンシャスが、国連に認証された排出権(CER)を購入し日本国政府口座に移転することでオフセットが成立する。排出権を日本国政府口座へ移転することを約束する証として、「カーボンパス」を発行する。

同社では、顧客からの要望が高まりつつある団体旅行に対するカーボンオフセット旅行の提供を開始するとともに、顧客が旅行を通じて環境問題に取組むための多彩なメニューの充実を目指す。

また、これまで培ってきたノウハウを活かしながら、インターネット販売や国内外ウエディングなどのカーボンオフセット付商品開発のほか、大型イベントでのカーボンオフセット提案などについて広く検討を進める方針だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース