ランクセス、酸化クロム顔料を3割値上げへ

自動車 ビジネス 企業動向

特殊化学品メーカーのランクセスは、ドイツのプラントで製造する全ての酸化クロム顔料の価格を、次回輸入分から値上げすると発表した。6月1日付で酸化クロム顔料を約15%値上したが、今回さらに約30%値上げする。

ランクセスは、米国、ブラジル、中国、オーストラリア、欧州で年間約30万トンの酸化鉄と酸化クロム顔料を製造し、主に建材、塗料、プラスチック、紙業界の顧客に供給している。

酸化クロム顔料をとりまく市場状況は、この数か月で再び著しく変化し、原料価格、エネルギーコスト、輸送費がさらに上昇した。

今回の価格改定は、これらの顔料をドイツの製造プラントから安定的に供給し、今後もサービスおよび品質水準を維持するために決定したものとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース