追突事故の被害者、飲酒運転が発覚して逮捕

自動車 社会 社会

19日早朝、神奈川県相模原市内の市道を走行中の3輪ミニカー(50cc)が前走する乗用車に追突する事故が起きた。本来なら被害者となる乗用車の運転者が酒気帯び状態だったことが後に発覚、警察は36歳の男を飲酒運転の現行犯で逮捕した。

神奈川県警・相模原署によると、事故が起きたのは19日の午前5時30分ごろ。相模原市上溝付近の市道を走行していた乗用車に対し、後ろから進行してきた3輪ミニカーが追突した。

ミニカーを運転していた36歳の男性は謝罪しようとしたが、クルマはその場から逃走しようとした。男性は「何かおかしい」と思い、事故の経緯を含めて警察に通報。駆けつけた同署員がクルマを抑止し、運転していた36歳の男のアルコール検知を実施したところ、酒気帯び相当量のアルコール分を検出。道路交通法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕している。

調べに対して男は飲酒運転の事実を大筋で認めているという。本来ならば被害者となる立場だが、事故が原因で逮捕されるはめになってしまった。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集