So-net buzzmap、プレイスエンジンへ対応

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

ソネットエンタテインメント(So-net)は、クチコミ地図サービス『So-net buzzmap』(ソネット バズマップ)で、無線LAN電波による位置情報推定技術「プレイスエンジン」への対応を19日から開始したと発表した。

プレイスエンジンは、グループ会社であるクウジットのクライアントソフトで、無線LAN機器を搭載したノートパソコンなどで起動すると、現在位置を取得することができる技術。

今回の対応で、ソネットバズマップは、現在地の位置情報を1クリックで取得できるようになるため、地図上で現在地のクチコミ情報の確認・登録が簡単に行えるようになる。

また、クウジットでは、ソネットバズマップと連携することで、位置情報をより身近にし、日常生活をそっと後押しするような新しい体験価値を今後も提案するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース