森精機、新株予約権の取得と消却

自動車 ビジネス 企業動向

森精機は、新株予約権を取得した上で消却すると発表した。同社はストックオプションとして新株予約権を発行したが、行使価格と時価が乖離しており、行使できない状態。割当対象者と協議した結果、放棄の申し出があったため、無償で同社が取得した上で消却する。

行使価格は4040円だったが、同社の18日の終値は2040円。新株予約権の総数は1万1800個で、18日に取得・消却を実行する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集