セントラルファイナンス、CO2排出権付オートローンを発売

エコカー 燃費

セントラルファイナンス(CF)は、CO2排出権付オートローンを開発、商品の販売にあたり、7月よりカーボンオフセットキャンペーンを実施すると発表した。

カーボンオフセットは、途上国で実現した温室効果ガス削減プロジェクトで得られたCO2排出権を取得することで、自ら排出するCO2を相殺する(=オフセットする)という考え方。

CFでは、三井物産と中央三井信託銀行の協業によるCO2排出権小口販売スキームを活用し、CO2排出権1000トンを取得した。

キャンペーンの対象は、国土交通省認定平成17年度基準値低排出ガス認定車(低減レベル75%及び50%)を購入のためにセントラルファイナンスのCO2排出権付オートローンを申込んだ顧客で、こうした取組に賛同した人先着1000人となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース