オートバックス、フランス10店舗目を開設 パリ郊外

自動車 ビジネス 企業動向

オートバックスセブンは、100%出資子会社であるオートバックス・フランスがシティオートとフランチャイズチェン契約を締結し、パリ郊外に「オートバックスヴィテナイム」を20日にオープンすると発表した。

同店は東フランスにあるミュールズ近郊のヴィテナイム地区にあるショッピングモール「ポール430」内に位置し、パリ首都圏外における初の出店となる。店舗は、日本国内店舗同様、「トータルカーライフサービス」をキーワードに、カー用品の品揃えをはじめ、ピット作業も行う。

同店舗のオープンでフランス国内におけるオートバックスグループ店舗は10店舗目となり、海外における展開は6地域、120店舗となる。フランス国内におけるオートバックスグループ店舗としては、首都パリを中心として円を描くように店舗が配置され、フランス国内におけるエリアドミナント体制の構築を推進している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集