チッソ、オキソ誘導品および酢酸エステルを追加値上げへ

自動車 ビジネス 企業動向

チッソは、オキソ誘導品及び酢酸エステルの値上げを5月に発表しましたが、その後原料価格が更に高騰していることを受けて、7月出荷分から追加値上げすると発表した。

対象製品は、オクタノール・ノルマルブタノール・イソブタノール・オクチル酸・CS-12・CS-16・ノルマルブチルアルデヒド・イソブチルアルデヒド・酢酸エチル、酢酸ブチル、酢酸イソブチル。

同社は5月下旬に、6月以降の国産ナフサ価格が7万5000円以上になるものとして値上げを発表したが、7月以降の国産ナフサ価格は8万2000円を超える情勢。

こうした状況のなかで、同社は、7月以降1kgあたりそれぞれ14円の追加値上げを実施する。

加えて鋼材の値上げによるドラム缶などの物流コストも上昇しており、別途1kg当たり10円程度の値上げに踏み切る。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース