首都高、佐々木新社長体制固まる

自動車 ビジネス 企業動向

首都高、佐々木新社長体制固まる
  • 首都高、佐々木新社長体制固まる
首都高速道路は、12日午前の取締役会で佐々木克已氏(現専務取締役)を代表取締役社長とする新しい取締役候補を決定した。橋本鋼太郎社長は退任し、長谷川康司会長は留任する。

瀬野俊樹氏、恵谷舜吾氏、野口秀昭氏が新しい取締役として就任する。

この人事は、6月27日の株主総会、同日の取締役会を経て、正式に決定される予定。

取締役候補者(敬称略)
●候補者名:就任予定の役職(現職)

●長谷川康司(はせがわこうじ):代表取締役会長(同)
●佐々木克已(ささきかつみ):代表取締役社長(専務取締役)
●日月俊昭(たちもりとしあき):常務取締役(同)
●瀬野俊樹(せのとしき):常務取締役(新任)
●梶山修(かじやまおさむ):常務取締役(同) 
●恵谷舜吾(えやしゅんご):常務取締役(新任)
●野口秀昭(のぐちひであき):常務取締役(新任)
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集