路上駐車のトレーラーにクルマ衝突

自動車 社会 社会

8日午後、神奈川県横浜市鶴見区内の市道を走行していた乗用車が対向車線側に逸脱。道路右側の路肩に置かれていたトレーラーの荷台に衝突した。クルマは大破し、運転していた65歳の男性が死亡している。

神奈川県警・鶴見署によると、事故が起きたのは8日の午後1時20分ごろ。横浜市鶴見区大黒ふ頭付近の市道を走行していた乗用車が対向車線側に逸脱。道路右側の路肩部分に置かれていたトレーラーの荷台に衝突した。

クルマは大破。運転していた65歳の男性は近くの病院に収容されたが、全身を強打したことが原因で間もなく死亡している。

現場は片側4車線の直線区間。横浜港流通センターに近く、トレーラー部分のみが駐車されていることが多いという。クルマはブレーキを踏まない状態で衝突したとみられ、警察では事故と事件の両面から捜査を行っている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集