単独事故を起こして逃走のクルマ、トラックと衝突

自動車 社会 社会

4日早朝、北海道釧路市内の市道で、交差点を進行していた乗用車と普通トラックが出会い頭に衝突する事故が起きた。衝突によって乗用車は大破、運転していた20歳の男性が死亡している。男性は直前に電柱などへの当て逃げ事故を起こしていたという。

北海道警・釧路署によると、事故が起きたのは4日の午前5時25分ごろ。釧路市星が浦北3丁目付近の市道で、交差点を進行していた乗用車と普通トラックが出会い頭に衝突。乗用車は大破した。

この事故で乗用車を運転していた男性が頭部を強打。近くの病院に収容されたが、間もなく死亡。トラックを運転していた40歳の男性にケガはなかった。現場は見通しの良い交差点。乗用車側に一時停止の義務があったという。

事故を起こした乗用車は現場の約100m手前にある民家のブロック塀や電柱に衝突する単独事故を起こしていた。クルマはこれらに当て逃げしたまま進行し、トラックとの事故を起こしたとみられる。警察では死亡した男性が飲酒運転などを行っていた可能性もあるとして、調べを進めている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集