日本板硝子、ガラス短繊維製品の製造・販売子会社を売却

自動車 ビジネス 企業動向

日本板硝子は、持分法適用会社であるマグ社の所有割合43.6%の保有全株式をサンゴバンに売却すると発表した。

日本板硝子は、ガラス短繊維製品を製造・販売するマグ社について、シナジー実現可能性の高い譲渡先への株式譲渡を慎重に検討してきた結果、サンゴバンへの売却がマグ社の事業発展及び日本板硝子の企業価値向上に寄与すると判断した。

日本板硝子はマグ社株式の売却で、4 - 6月期の連結ベースで約46億円の特別利益を計上する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集