三菱重工、エンジン式フォークリフトを値上げ

自動車 ビジネス 企業動向

三菱重工業は、7月1日からエンジン式フォークリフトの国内販売価格を値上げすると発表した。対象機種は3.5 - 16Aトンで、改訂率は6%。

同社では、鋼材をはじめとする原材料の価格続伸を受け、コストアップ分を吸収するため、可能な限りの企業努力を重ねてきたものの、最近の原材料価格の上昇は、企業の合理化努力で吸収できる範囲を超えており、必要最小限の価格値上げをおこなうことにしたとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集