旭硝子、回路基板の開発・製造子会社を解散

自動車 ビジネス 企業動向

旭硝子は、子会社の旭プレシジョンサーキット社を解散すると発表した。

旭プレシジョンサーキット社は、福島県西白川郡で、フレキシブル・リジッド回路基板を開発・製造している旭硝子100%出資子会社。事業採算面で厳しい状況が続き、今後も改善が見込めないことから、今年2月で生産を停止している。その後、在庫販売を行ってきたが、3月で販売も停止したことから、解散することにした。

今年12月までに清算する予定だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集