自動車専用トンネル内、自転車と歩行者がはねられる

24日早朝、福岡県北九州市八幡東区内の国道3号で、自動車専用のトンネル内を進行していた軽乗用車が路肩にいた自転車と接触。その前を歩いていた男性もはねた。歩いていた男性は間もなく死亡、自転車の男性も軽傷を負っている。

自動車 社会 社会
24日早朝、福岡県北九州市八幡東区内の国道3号で、自動車専用のトンネル内を進行していた軽乗用車が路肩にいた自転車と接触。その前を歩いていた男性もはねた。歩いていた男性は間もなく死亡、自転車の男性も軽傷を負っている。

福岡県警・八幡東署によると、事故が起きたのは24日の午前5時35分ごろ。北九州市八幡東区西本町2丁目付近の国道3号で、自動車専用となっているトンネル内を進行していた軽乗用車が、路肩付近にいた58歳男性の乗る自転車に接触、その前を歩いていた57歳の男性もはねた。

2人は近くの病院に収容されたが、歩行者の男性は全身強打で間もなく死亡、自転車の男性も軽傷を負った。警察ではクルマを運転していた23歳の男性から自動車運転過失致死傷容疑で事情を聞いている。

現場はJR八幡駅近くのトンネル。自転車や歩行者の通行は禁止されている。警察では自転車の男性から進入経路についても回復を待って事情を聞く方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集