オートバックス、タイに3店舗目をオープンへ

自動車 ビジネス 企業動向

オートバックスセブンは、同社が49%出資するタイの子会社サイアム・オートバックスが、6月12日に「AUTOBACS Chaeng Wattana Store」をオープンすると発表した。

タイにおける店舗は3店舗となる。同店舗のオープンでオートバックスの海外店舗は119店舗となる。

新店舗はバンコクの中心地から北に約18kmに位置するチェーンワッタナ通りに設ける。同店は中古車販売店などが隣接する敷地内に位置しており、中古車を購入した顧客への各種カー用品の販売及び取付や、車両のメンテナンスの需要など、シナジー効果を見込んでいる。

店舗隣にはスーパーがあり、周辺には日本車をはじめとした複数の自動車ディーラーが立ち並ぶとともに、住宅街、大学、政府系新庁舎などが立地するなど、集客の見込めるエリアとなっている。

日本国内同様「トータルカーライフサービス」をキーワードに、カー用品の幅広い品揃えや、ピットサービスの充実で顧客の幅広いニーズに対応する店舗を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集