車線変更中に衝突、飲酒運転の発覚恐れて逃走

17日深夜、神奈川県厚木市内の国道246号を走行していたバイクに対し、同一方向へ走行していた乗用車が衝突する事故が起きた。バイクを運転の男性が重傷を負ったが、クルマは逃走。警察は後に35歳の男をひき逃げ容疑で逮捕している。

自動車 社会 社会
17日深夜、神奈川県厚木市内の国道246号を走行していたバイクに対し、同一方向へ走行していた乗用車が衝突する事故が起きた。バイクを運転の男性が重傷を負ったが、クルマは逃走。警察は後に35歳の男をひき逃げ容疑で逮捕している。

神奈川県警・厚木署によると、事故が起きたのは17日の午後10時50分ごろ。厚木市妻田南2丁目付近の国道246号で、25歳の男性が運転するバイクに対し、同方向に進行していた乗用車が衝突した。

バイクは転倒。運転していた男性は路上に投げ出され、右足を骨折する重傷を負ったが、クルマはそのまま逃走。警察では重傷ひき逃げ事件として捜査を開始。目撃情報などから35歳の男が容疑に関係したと判断し、18日までに道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕。自動車運転過失傷害容疑でも調べを進めている。

現場は国道129号との重複区間で片側3車線。昼夜を問わず交通量が多い。

双方の車両は車線変更中に進路が交錯し、衝突に至ったものと推定されている。逮捕された男は事故当時、酒に酔っていたことを大筋で認めており、調べに対しても「飲酒運転の発覚を恐れて逃げた」などと供述しているようだ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集