牽引されていた軽トラックが電柱に衝突、男性死亡

14日、高知県高知市内の県道で、故障して別の軽トラックに牽引されていた軽トラックがカーブを曲がりきれずに路外へ逸脱、道路左側の電柱に衝突した。運転席にいた80歳の男性が死亡している。警察では死亡した男性がハンドル操作を誤った可能性が高いとみている。

自動車 社会 社会
14日、高知県高知市内の県道で、故障して自走不能となり、別の軽トラックに牽引されていた軽トラックがカーブを曲がりきれずに路外へ逸脱、道路左側の電柱に衝突した。運転席にいた80歳の男性が死亡している。警察では死亡した男性がハンドル操作を誤った可能性が高いとみている。

高知県警・高知南署によると、事故が起きたのは14日の午前10時20分ごろ。高知市春野町甲殿付近の県道で、別の軽トラックから牽引されていた80歳男性が運転する軽トラックが緩やかな右カーブを曲がりきることができず、路外に逸脱。道路左側の電柱に衝突した。

軽トラックは小破。運転していた80歳の男性は胸部を強打し、近くの病院に収容されたが、間もなく死亡した。シートベルト未着用の状態だったとみられる。

現場は緩やかな右カーブ。牽引していた軽トラックは低速で走行していたという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集