三菱自動車とPSAプジョーシトロエン、ロシアで合弁へ

自動車 ビジネス 企業動向

三菱自動車とPSAプジョーシトロエン、ロシアで合弁へ
  • 三菱自動車とPSAプジョーシトロエン、ロシアで合弁へ
三菱自動車とPSAプジョー・シトロエン社は、ロシアでプジョーブランド、シトロエンブランド、三菱ブランドの車両を合弁で生産することで合意した。

三菱自は販売を伸ばしているロシア進出の検討を続けてきたが、PSAと合弁で生産することで投資リスクを抑えながら現地生産に乗り出す。

両社の車両組立工場は、2011年の操業開始に向け、モスクワ市の南西180kmに位置するカルーガ州に建設する予定。生産能力は年産16万台となる見通しで、三菱、プジョー、シトロエンブランドの中型SUVと、プジョー、シトロエンブランドの中型乗用車を生産する計画。

工場の起工式は、6月10日に建設予定地で行われる予定。

ロシアの市場販売シェア50%を占める中型乗用車と、将来も大きな成長が期待できるSUVという2つの成長セグメントの車両を現地組立工場で生産することで、ロシアで販売拡大を目指す。

三菱自では、今回の合弁事業は、ロシアを重要な成長市場と位置づけている両社間の関係をより強化するとしている。三菱自とPSAは、2005年に欧州市場向けSUVの供給契約で提携しているが、今回合弁生産に提携関係を発展させる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集