交通事故でなく、殺人もしくは無理心中だった?

自動車 社会 社会

昨年12月に福岡県北九州市小倉南区内で発生した交通事故について、福岡県警は12日、この事故で死亡した35歳の女性は、同じ事故で重傷を負った27歳の男に首を絞められた可能性が高いと判断。男を殺人未遂容疑で逮捕した。交通事故による女性の殺害、もしくは無理心中を図ろうとしていた可能性もあり、慎重に調べを進めている。

福岡県警・捜査1課によると、問題の事故は2007年12月2日の午前4時45分ごろ発生した。北九州市小倉南区下曽根付近の県道で、横断歩道上に倒れこんでいた男女2人が進行してきた大型タンクローリーにはねられた。この事故で35歳の女性が全身強打で死亡、27歳の男も骨折などの重傷を負った。

警察では2人が泥酔状態になり、路上で倒れこんだでいたものとみていたが、「事故直前に男が女性に馬乗りになっていた」という目撃証言があり、警察が女性の遺体を調べたところ、首には絞められたような痕跡があり、軟骨が押し潰されたように損壊していることもわかった。

このため、警察では事故直前に男が女性の首を絞めていたものと判断。横断歩道に倒れこんだのも偶然ではなく、事故によって女性を殺害するか、無理心中を図ったものと判断。男を12日までに殺人未遂容疑で逮捕した。

調べに対して男は「首を絞めたかわからない」などと容疑を否認しているという。警察では男を厳しく追及し、事件の全容解明を急ぐ方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集