カーブを曲がりきれずに川へ転落、3人死傷

12日午前、埼玉県皆野町内の県道を走行していた乗用車が路外に逸脱。約5m下を流れる川に転落する事故が起きた。クルマは岩の上に落ちて大破、乗っていた男女3人が死傷している。

自動車 社会 社会
12日午前、埼玉県皆野町内の県道を走行していた乗用車が路外に逸脱。約5m下を流れる川に転落する事故が起きた。クルマは岩の上に落ちて大破、乗っていた男女3人が死傷している。

埼玉県警・秩父署によると、事故が起きたのは12日の午前10時30分ごろ。皆野町上日野沢付近の県道を走行していた72歳男性の運転する乗用車が緩やかなカーブを曲がりきることができずに路外へ逸脱、約5m下を流れる日野沢川に転落した。

クルマは岩の上に落ちて大破。後部座席にシートベルト未着用で同乗していた82歳の女性が頭部を強打して間もなく死亡、運転者を含む2人も骨折や打撲などの重傷を負い、近くの病院に収容されている。

現場は幅員約5mで、カーブの連続する区間。警察ではハンドル操作を誤った可能性が高いとみて、運転していた男性の回復を待ち、自動車運転過失致死傷容疑で事情を聞く方針だ
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集