割り込みに抗議の男性、殴打され現金を奪われる

自動車 社会 社会

11日午後、愛知県名古屋市守山区内の国道302号で、前方に割り込んだクルマに対してクラクションで抗議の意思を示した男性が、このクルマに乗っていた若い男3人に顔面などを殴打され、現金を奪われる事件が起きた。警察では強盗事件として捜査を開始した。

愛知県警・守山署によると、事件が起きたのは11日の午後2時ごろ。名古屋市守山区喜多山1丁目付近の国道302号で、54歳男性の運転する乗用車が信号待ちのために停車していたところ、その前方に後ろから進行してきたクルマが割り込んできた。

男性はクラクションを鳴らして抗議の意思を示したが、割り込んだクルマに乗っていた3人の若い男はこれに激怒。クルマのガラスを叩き、因縁をつけてきた。男性が窓を開けたところ、このうち1人が男性の顔面を殴打。別の男が「カネを出せ」と要求。現金1万円を奪って逃走した。

警察では交通トラブルを発端とした強盗事件として捜査を開始。逃げた男たちの行方を追っている。3人とも20歳前後とみられるという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集