『日産GT2012』…ゴーン社長、「自動車業界は大きな分岐点に」

自動車 ビジネス 企業動向

『日産GT2012』…ゴーン社長、「自動車業界は大きな分岐点に」
  • 『日産GT2012』…ゴーン社長、「自動車業界は大きな分岐点に」
  • 『日産GT2012』…ゴーン社長、「自動車業界は大きな分岐点に」
  • 『日産GT2012』…ゴーン社長、「自動車業界は大きな分岐点に」
日産自動車のカルロス・ゴーン社長は13日、2007年度決算と新中期経営計画「日産GT2012」についての会見を行い、「自動車業は現在、大きな分岐点、ターニングポイントに差し掛かっている時期」と位置づけた。

そして、その理由について2つ挙げた。1つ目が自動車市場の大きな変化である。以前は自動車メーカーの成長を支えていたのは先進国市場が中心で、一部が発展途上国市場だった。ところが今は、その状況が逆転し、成長のほとんどを新興国市場が担っている。先進国市場は伸び悩んでいる。

2つ目がエネルギー価格の高騰と二酸化炭素(CO2)排出量の削減問題だ。エネルギー価格は今後も高水準の状態が続き、これまでのように安いエネルギー価格を前提にすることができない。そのため、代替策が必要になってくる。

同時に二酸化炭素排出量の削減問題によって、規制対応以上にユーザーがクリーンカーを求めるようになっている。クリーンであればあるほどユーザーの目に魅力的に映る。

このような大きな変革によって、自動車業界全体が新しい現実に対応していく必要がある。「日産GT2012」はその回答とのことだ。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース