対向車線に進出のパトカー、原付バイクと接触

自動車 社会 社会

9日夜、静岡県富士宮市内の県道で、交通違反を行ったクルマを追跡していたパトカーが前走車を追い抜こうと対向車線側に進出した際、対向車線を順走してきた原付バイクと接触する事故が起きた。バイクに乗っていた38歳の男性が軽傷を負っている。

静岡県警・富士宮署によると、事故が起きたのは9日の午後9時15分ごろ。これより約5分前の午後9時10分ごろ、富士宮市内の県道をパトロールしていた同署パトカーが、ウインカーを点灯させることなく右折進入してきた乗用車を発見。ただちに停止するように命じたが、このクルマは前方の赤信号を無視して逃走した。

パトカーは追跡を開始したが、逃走車と同様に右折進入してきたクルマが数台あったため、パトカーはこれらのクルマに「路肩へ寄って進路を譲れ」と指示。直後に対向車線側に進出し、前走車を追い抜こうとしたところ、対向車線を順走してきた38歳男性の運転する原付バイクと接触した。

バイクを運転していた男性は右ひじ打撲の軽傷。違反車は混乱に乗じてそのまま逃走した。警察ではパトカーを運転していた26歳の巡査長から自動車運転過失傷害容疑で事情を聞いている。

現場は片側1車線の直線区間。警察では巡査長の安全確認に怠りがあったものとみている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集