ファストフード店にワゴン車突っ込み、客9人負傷 ペダル踏み間違え

自動車 社会 社会

6日、宮崎県宮崎市内のスーパーマーケットの駐車場内でワゴン車が暴走し、敷地内にあるファストフード店の店内に突入した。警察の調べに対し、クルマを運転していた64歳の男は「アクセルとブレーキを踏み間違えたかもしれない」などと供述している。この事故で子供6人を含む9人が軽傷を負っている。

宮崎県警・宮崎北署によると、事故が起きたのは6日の午後0時15分ごろ。宮崎市佐土原町下那珂付近にある生協系スーパーマーケットの駐車場でワゴン車が暴走。車止めを乗り越え、敷地内にあるファストフード店の店内に突入した。

クルマはガラスを突き破って進入。店内にいた9人(子供6人、大人3人)が割れたガラスの破片を浴びたり、逃げ出そうとした際に転倒するなどして軽傷を負った。警察ではクルマを運転していた男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕している。

クルマは身障者用の駐車スペースを突き抜けて店内に向かったとみられており、警察では事故発生の詳しい経緯を調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集