富士機工、別途積立金の一部を取り崩して繰越利益剰余金に充当

富士機工は、別途積立金の一部を取り崩して繰越利益剰余金の損失処理に充当することを7日開催の取締役会で決めた。同社は業績が悪化しており、2008年3月期連結決算では31億円の最終赤字を計上する見通し。

自動車 ビジネス 企業動向
富士機工は、別途積立金の一部を取り崩して繰越利益剰余金の損失処理に充当することを7日開催の取締役会で決めた。同社は業績が悪化しており、2008年3月期連結決算では31億円の最終赤字を計上する見通し。

このため、別途積立金のうち、22億円を取り崩して全額を繰越利益剰余金に充当する。これによって繰越利益剰余金の損失を全額処理し、今後の財務戦略上の柔軟性を確保すると、している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集