福山通運、業績見通しを修正

自動車 ビジネス 企業動向

福山通運は、2008年3月期連結決算業績見通しを修正した。売上高は2530億円を予想していたが2538億円と、ほぼ前回予想通りになる見通し。営業利益は50億円を予想していたが58億2000万円になる見通し。

一部事業見直しで輸送量は減少したものの、運賃や料金見直しの効果があった。一方、収益面では燃料費の高騰や減価償却費増による影響があったものの、輸送単価の改善や不採算事業からの撤退、外注費の削減効果があった。

経常利益も55億円から66億円に上方修正した。また、当期純利益は匿名組合出資分配当を特別利益に計上したため、26億円を予想していたが48億7000万円になる見通しだ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース