ショーワ3月期決算…経常減益 量産立ち上げ費用増加などで

自動車 ビジネス 企業動向
ショーワが発表した2008年3月期連結決算は、経常利益が前年同期比24.0%減の142億円となり、大幅減益となった。

売上高は同8.2%増の2833億円と増収だった。ブラジルや中国でホンダ向けの自動車・二輪車部品の販売が増加したほか、為替換算も影響した。

営業利益は、新拠点での量産立ち上げなどの生産基盤拡充費用や増産や新型車対応の立ち上げ費用がかさんだことなどから、同22.8%減の136億円、最終利益が同27.4%減の65億円だった。

2009年3月期連結決算業績見通しは、売上高が同0.5%減の2820億円、営業利益が同31.9%減の93億円、経常利益が同32.0%減の97億円、当期純利益が同51.5%減の32億円と大幅減益になる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集