ショーワ第3四半期決算…大幅減益 海外立ち上げ費用増など

自動車 ビジネス 企業動向

ショーワが発表した2007年4 - 12月期の連結決算は、営業利益が前年同期比22.1%減の104億9900万円となり、大幅減益となった。

売上高は同7.7%増の2095億1300万円と、増収だった。ブラジル、中国での自動車部品の販売増加などが主因だ。

しかし、収益面では原材料価格の高騰や中国、インド、タイでの新拠点の量産立ち上げ費用の増加などで収益率が悪化した。経常利益は同22.1%減の110億700万円、当期純利益も同19.1%減の50億4700万円となった。

通期業績見通しは売上高が同8.2%増の2835億円、営業利益が同26.5%減の130億円、経常利益が同25.4%減の140億円、当期純利益が同29.5%減の64億円となる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集