日本ビクターと船井電機が業務提携…ディスプレイ機器

自動車 ビジネス 企業動向

日本ビクターと船井電機は、両社の間でディスプレイ機器を中心とする映像機器事業分野で業務提携することで基本合意したと発表した。

今回の提携で両社は、ディスプレイ機器事業やその他映像複合機器事業の分野について、共同生産・相互生産委託、共同開発・相互開発委託などの協業を進め、両社の保有する経営資産の有効活用と相互補完に加え、協業によるスケールメリットも追求して、映像機器事業の経営基盤の強化を
図る。

今回の提携で、船井電機からビクターへの米州市場向け商品を生産委託するほか、船井電機からビクターの米州生産拠点(メキシコ工場)へ、液晶テレビ、DVD内蔵液晶テレビなどの生産を2008年2月から委託する。また、ビクターから船井電機へ欧州市場向け商品の生産を委託するのに加え、ビクターから船井電機の欧州生産拠点(ポーランド工場)へ、液晶テレビの生産委託を2008年上期をめどに開始する。

開発では、船井電機からビクターへの液晶テレビの開発を委託する。船井電機が主に欧州市場で発売する液晶テレビのビクターへ開発委託を2008 年上期をめどに開始する。

ビクター向け液晶テレビの共同開発やビクターが主に欧米市場で発売する液晶テレビを両社で共同開発し、船井電機での2008年下期をめど生産する。

このほか、原材料費削減、購買力強化等、相乗効果最大化に向け共同購買戦略の推進や物流分野での協業、インフラの相互利用を検討する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集