部品から車種特定、ひき逃げした男を逮捕

自動車 社会 社会

18日深夜、福島県平田村内の国道49号で、自転車で路肩を走行していたとみられる51歳の男性が後方から進行してきたクルマにはねられ死亡した。クルマは現場から逃走したが、警察は事故翌日に49歳の男をひき逃げ容疑で逮捕している。

福島県警・石川署によると、事故が起きたのは18日の午後11時45分ごろ。平田村上蓮田付近の国道49号を自転車で走行していた51歳の男性が、後方から進行してきたクルマにはねられた。

男性は近くの病院に収容されたが、頭部などを強打したことが原因で間もなく死亡。事故を起こしたクルマは現場から逃走しており、警察では死亡ひき逃げ事件として捜査を開始。現場に落ちていた破片などから車種の特定を進めていた。

この結果、いわき市内に在住する49歳の男が容疑に関与した可能性が高くなり、任意で事情を聞いていたところ、「怖くなって逃げた」と認めたことから、自動車運転過失傷害と道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集