サルコジ大統領の「恋人」がランチアのイメキャラ

自動車 ビジネス 企業動向

サルコジ大統領の「恋人」がランチアのイメキャラ
  • サルコジ大統領の「恋人」がランチアのイメキャラ
  • サルコジ大統領の「恋人」がランチアのイメキャラ
  • サルコジ大統領の「恋人」がランチアのイメキャラ
  • サルコジ大統領の「恋人」がランチアのイメキャラ
  • サルコジ大統領の「恋人」がランチアのイメキャラ
  • サルコジ大統領の「恋人」がランチアのイメキャラ
サルコジ仏大統領の恋人として話題のモデル兼シンガーソングライター、カルラ・ブルーニ(カーラ・ブルーニ)がイタリアでランチアの広告に出演している。ブルーニが出演しているのは、ランチアの5ドア小型車『ムーザ』のテレビCMと新聞雑誌広告。

「中身(の広さ)はリムジン・外はシティカー」というキャッチと組み合わされている。元スーパーモデルという彼女のVIPキャリアと高級リムジンのイメージを繋ぎ合わせたものだ。

実はこの広告キャンペーン、彼女と大統領の交際が発覚する約1か月前の昨年10月から、ムーザのマイナーチェンジ告知として開始されていた。今年に入ってフランスの一部マスコミに「大統領とブルーニは、すでに入籍している可能性」と報じられた後も、引き続き広告は展開されている。

たしかにブルーニとランチアは同じトリノ出身。だがそれ以上にランチアとしては、抜擢したイメージキャラクターが偶然にも世界的な時の人となってくれたわけで、宣伝効果はまさに「棚からぼた餅」であろう。
《大矢アキオ》

編集部おすすめのニュース

特集