東京衝機製造、業績不振で全役員の報酬を減額

自動車 ビジネス 企業動向

東京衝機製造所は、全役員の報酬を減額すると発表した。同社は2007年8月期中間決算で、連結・単体ともに多額の損失を計上した。同社では、経営責任を明確化するため、取締役11人、監査役3人の全役員の報酬を減額する。

減額は取締役が報酬月額の30 - 10%、監査役が10%をそれぞれ減額する。期間は12月から2008年2月までの3か月間。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース