荷台コンテナに首を挟まれ運転手が死亡

自動車 社会 社会

21日午前、滋賀県マキノ町内の駐車場で、駐車中の大型トラックの荷台に男性が首を挟まれた状態となっているのを通行人が発見した。男性はすでに死亡しており、警察では荷台の開閉操作を誤ったことが事故の原因と推測している。

滋賀県警・高島署によると、警察が事故発生を認知したのは21日の午前10時10分ごろ。高島市マキノ町小荒路付近にある“道の駅マキノ追坂峠”の利用者から「駐車場に止まっている大型トラックの荷台で男性が首を挟まれている」との通報が寄せられた。

これを受けて現場に急行した同署員が男性を確認。男性はすぐに救出されたが、すでに死亡していることが確認された。発見の時点で死亡から数時間が経過していたとみられている。死亡したのはこのトラックを運転していた35歳の男性と後に確認されている。

男性は上下開閉式のルーフコンテナに首を挟まれた状態。足元には開閉用のスイッチがあった。警察では荷台の状況をチェックしていた男性が誤ってスイッチを踏みつけ、作動してきたドアに首を挟まれたことが原因とみている。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品