フィアット ジャパン、ブランド浸透のため新プログラム

自動車 ビジネス 企業動向

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは、フィアットブランドの日本市場への浸透、ブランド価値の向上やブランドの差別化を図るため、8月から新たにフィアット ブランドのコミュニケーションプログラムを展開する。

このプログラムは、現在日本で販売されているフィアットの『グランデプント』、『パンダ』、来年日本での販売が予定されているニュー『500』(チンクエチェント)の3車種のアピールを中心としたもの。

プログラムの第一弾として、今年5月から同社がサポートしてきたクラブイベント『TOKYO NITE』への継続的サポートと、8月11日、12日に行われる『NEW CLASSIC GIG IN JAPAN 07』 へのサポートを行う。NEW CLASSIC GIGの会場、東京国際フォーラムには新型500を特別展示する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集