東日CG、監理ポスト入りを解除

自動車 ビジネス 企業動向

東日カーライフ・グループは、東京証券取引所から8日付けで監理ポストへの割当てが解除されたと発表した。

同社は、過去の決算に関する有価証券報告書などの重要項目を訂正するなどし、上場廃止となる可能性があったことから、投資家に注意を促すため、6月8日付けで監理ポスト入りしていた。東証は、東日の有価証券報告書の訂正が上場廃止基準に抵触しないと判断、8日付けで監理ポスト入りを解除した。

ただ、東日は東証から上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示に関して注意勧告を受け、改善報告書の提出を求められた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集