タイムズでPASMO パーク24と東武鉄道が合意

自動車 ビジネス 企業動向

パーク24は、東武鉄道と東武沿線にある時間賃駐車場「タイムズ」で、交通ICカード『PASMO』の電子マネーサービスを導入することで合意し、その第一弾として、23日から「タイムズ新座志木」でサービスを開始する。

パーク24では駐車場のキャッシュレス化に取り組んでおり、地域のニーズに合わせ、『Edy』をはじめ、『Suica』や『OSAKA PiTaPa』など、ICカード決済の導入に力を入れている。

今回の導入にあたっては、そのような状況のなか、PASMOの沿線地域での利用促進を図る東武鉄道と、それぞれ導入を推進する点で合意に至ったものだ。

この電子マネーサービスは駐車場料金の支払い時にPASMOを読み取り機にかざすだけでスムーズに決済することが可能になるもので、パーク24では、「タイムズ新座志木年内」を含め年内に5か所の設置を予定しており、「PASMO 電子マネー」が利用できる箇所を順次拡大する方針だ。
《》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集