ソリッド、在庫車処分などで運転資金を確保

自動車 ビジネス 企業動向

ソリッド・グループ・ホールディングスは、商品在庫圧縮などで、6億2400万円の資産を処分したと発表した。

同社は2006年度の決算で経営資金が不足し、企業として存続が危ぶまれているが、これを解消するため、資産を処分した。保有株式の売却で5600万円、商品在庫の圧縮で5億6800万円を処分し、これらは運転資金に充当した。

同社では、今回の資産の処分で手元流動性は改善するものの、依然として資金不足としている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集