マツダ、V6と直4エンジンを混流生産

自動車 ビジネス 企業動向

マツダは、本社工場宇品西地区のエンジン工場で、新型のV型6気筒3.7リットルエンジンと現行の直列4気筒ガソリンエンジン(「MZR」1.8−2.3リットルエンジン)の機械加工工程で混流生産を開始したと発表した。

マツダがV型6気筒エンジンを生産するのは2003年8月以来、約4年ぶり。新型V6エンジンは5月から生産を開始しており、20日米国で発表する2008年型『CX-9』に搭載され今夏から販売する。

エンジン生産工程は、マツダの最新の生産・製造技術を採用したエンジン部品の機械加工ラインで、効率化と多様化を同時に実現するフレキシブル生産を目指している。これまでエンジン部品の機械加工工程では、エンジンのタイプごとに必要だった専用設備や治具類を汎用化させることで、工程の集約に成功、設備投資費を削減しながら、「変種変量生産」に対応できるようになった。

マツダの山木勝治取締役専務執行役員は「宇品のエンジン工場で実現したV型6気筒ガソリンエンジンと直列4気筒ガソリンエンジンの機械加工工程における混流生産は、マツダのモノ造り革新コンセプトを具体化したものであり、変種変量生産実現への第一歩である」としている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集