日本電産子会社、シンガポール証券市場から上場廃止

自動車 ビジネス 企業動向

日本電産は、子会社のブリリアント・マニュファクチャリングの臨時株主総会で上場廃止を決定したと発表した。

ブリリアント・マニュファクチャリングは、16日開催の臨時株主総会で、シンガポール証券市場での上場廃止を決議した。これに伴って今年8月中旬以降、ブリリアント・マニュファクチャリングはシンガポール証券市場から上場廃止する予定だ。

日本電産今年2月にブリリアント・マニュファクチャリングを子会社化、出資比率は87%となっているが、今後残りの普通株式を買収して100%子会社化する予定だ。これによって、部品事業の効率化を図り、製品競争力を強化する方針だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集