オオシマ自工、通期業績見通しを大幅下方修正…移動車の販売不振

自動車 ビジネス 企業動向

オオシマ自工は、2007年8月期の通期の業績見通しを下方修正した。売上高は5億5660万円を予想していたが、3億5411万円と大幅な下方修正となった。

当初、予定していた理容・美容業界向けの移動理美容車、JA向けの移動金融車、小売り業者向けの移動店舗車の販売が低迷したため。

損益でも経常損益も4784万円の黒字を予想していたが、2162万円の赤字に転落する見通し。また、最終損益も4756万円の黒字を予想していたが、2190万円の赤字に転落する見通しだ。

同社では、移動金融車については現在の販売戦略の見直しを含めて検討するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース