デュポン、エンジニアリングポリマー製品を値上げへ

自動車 ビジネス 企業動向

デュポンは、日本でのエンジニアリングポリマー製品の価格を値上げすると発表した。

原油価格が高値で推移する中、化学基礎原料についても世界的に価格が高騰している。同社のエンジニアリングポリマーの原材料/副資材も製造原価に重大な影響を与えているとしている。

同社では、可能な限りのコストダウンや業務合理化などを実施してきたものの、これらでは吸収できない状況となり、エンジニアリングポリマー製品について、昨年10月に続いて7月21日出荷分から値上げする。

対象はクラスティンPBT樹脂、ライトナイトガラス強化PET樹脂、ゼナイトLCP、サーミックスPCTポリエステルで、値上げ幅はそれぞれ1kg当たり25−90円アップとなる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集